マッサージは無駄遣い!

マッサージ受ける女性の写真

マッサージに行くのは無駄遣いになる可能性が高いです。それは『身体のメンテナンスには終わりがない』から。

 

実際にマッサージに行くと身体の疲れが取れますし、コリがほぐれて身体が楽になる経験はあります。これは実際に体験された方なら理解できると思うので、マッサージに身体をケアする効果がないということはないでしょう。

 

けれども、問題なのは『その効果はいつまで持続するのか?』ということ。

 

おそらく、その日一日は快適に過ごせますが、2〜3日経つともう元通りになりますし、1週間もすればまた身体にガタがきてしまって「マッサージをしてもらいたい!」という気持ちになると思います。

 

身体は毎日動かしますし、動けば疲労は溜まっていくので『身体のメンテナンスに終わりはない』のですね。つまり、毎日継続してマッサージしなければ得られる効果は薄いと言えるでしょう。

 

コスパが悪いことが最大の問題点

マッサージをしてもらうためには費用がかかります。価格はお店によって全く違いますが、チェーン店の【りらくる】を例にしてみると、60分のもみほぐしで通常価格は3,980円となっています。(参考:りらくる公式サイト)

 

 

1回の施術で約4,000円、仮に週1回通うとしたら1ヶ月(4週間)で約16,000円、1年(12か月)で192,000円。

 

マッサージ代だけで1年間に約20万円の費用がかかるのですね。

 

週に1回通ったとしてもコレだけの費用が年間にかかる上に、2〜3日でマッサージ効果はなくなると感じてしまうのならマッサージは無駄遣いと思います。

 

 

けれども、マッサージをすれば身体のケアができるのも事実。では、どうするのが一番コスパがいいのでしょうか?

マッサージ機を活用するのが最も費用対効果が高い

コスパ良く身体のケアをするのなら、マッサージ機を活用するのが最も費用対効果が高くなるでしょう。

 

仮に5万円するマッサージ機を購入したとしても3ヶ月もすればお店に通って施術してもらうのと変わらない費用になりますし、それ以降は無料で施術できるのと変わらないですから、費用対効果は抜群に高いです。

 

さらに言えば、お店に通う場合は週に1度しかマッサージしてもらえませんが、マッサージ機を購入してしまえば毎日好きなタイミングで使うことができます。

 

疲れて帰ってきてもすぐに使用することができるので、疲労を溜め込みません。次の日に疲れを残さなければ精力的に活動できますから、毎日ケアできるというのは身体のメンテナンスにとってはとても重要なことになるでしょう。

医療機器認証されているなら効果は期待できる

OKサインを出す医者の写真

マッサージ機を買った方がお店に通うよりもはるかに費用対効果が高いですが、その際に「どんなマッサージ機を購入するか?」というのは非常に大事になります。

 

マッサージ機の選び方に対しては、邪魔にならない、保証がちゃんと付いているなどいくつかポイントはありますが、一番重要視してほしいのは医療機器認証されているかという点。

 

医療機器認証とは効果効能の表示が認められたマッサージ機のことで、「コリをほぐす」や「疲労回復」などの効果が期待できるために、お店で施術してもらったのと同様の効果を得ることができるのですね。

 

本格的なマッサージ機になるために価格は一般的なものよりも高くなってしまいますが、それでもお店に通い続けるよりも圧倒的に安いですし、効果も期待できますから、マッサージ機に頼ってみるというのは賢い選択と言えるでしょう。

身体のメンテナンスには終わりはない

身体のメンテナンスには終わりがありません。ですので、継続してケアするという視点を持ってマッサージの有用性を判断する必要があります。

 

金銭的に余裕があるのなら、お店に行ってマッサージしてもらうのもいいかもしれません。あるいは、マッサージだけでなく人とのコミュニケーションも求めているのなら必要な費用でしょう。

 

 

けれども、身体のメンテナンスをすることが目的でマッサージをするのなら、わざわざお店に通わなくてもマッサージ機で十分

 

その際は多少お値段はしても医療機器認証されているマッサージ機を選ぶといいですね。いまはかなりクオリティの高いマッサージ機がたくさんありますからよ。

 

お店に通ってマッサージをしてもらうのは無駄遣いな時代と言えるかもしれません。

 

TOPへ